2014年05月10日

CR2(Canon Raw v2)フォーマットへの対応

Canon製デジタル一眼レフ等のRaw画像フォーマットであるCR2形式に暫定対応しました。

EOS Kiss X5およびX50のCR2ファイルで動作確認しています。

現時点での問題点は以下の通りです。

1.IFD2の画像のカラーバランス
 CR2ファイルはセンサーからのRawデータ以外にもいくつかの画像データが格納されています。
 その中でIFD2にある16bit非圧縮データが、Digital Photo Professional(以下DPP)での、Raw現像が完了するまでのメイン画面の表示や、ツールパレット内の右下の画像およびヒストグラムで使われています。そのデータはRawデータではなく、カラーバランス等を処理した情報が格納されており、現時点で、これの再現性に問題があります。
 DPPを使うときに、Rawの読み込み開始時に表示される画像と、最終的に表示される画像の色合いに大きな差がある場合は、ヒストグラム等があてになりませんので(IFD2画像のヒストグラムなので)、注意が必要です。

2.処理速度
 圧縮・解凍処理などの処理速度が遅いです。Lossless Jpegデコード/エンコードエンジン含め、すべてオリジナルの実装なのでご勘弁を。徐々にチューニングしていきたいと思います。

3.処理対象領域
 DNGと比べて処理対象領域が狭くなっています。公称画像サイズと同じサイズなのですが、DNGはそのまわりの実質有効領域まで有効領域としての情報を持っているためです。残念ながらCR2のフォーマット内には実質有効領域の情報がないため、現時点では公称有効領域での処理となっております。

4.黒レベルの処理
 マスク領域から黒レベルを算定していますが、これについては計算方法の見直しの余地ありです。

RStacker 0.4.0 betaとして以下のページの下の方においております。
http://www.swetake.com/astro/RStacker/RStacker.html



posted by 開発者 at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。