2012年06月30日

Adobe DNG Converter7.1とDNG1.4

 Adobe DNG Converter6.7や7.1で変換したDNGがRStacker0.2.2でうまく扱えない不具合がありました。
 調べてみると、どうもAdobe DNG Converter6.7以降はDNG 1.4をサポートしているらしく、特段の指定をしないとDNG1.4仕様で出力されるようです。
 ここで何が問題になるかというと、DNG Converter 6.6までは
 TagID 0xC71C RawImageDigest
でRawデータのダイジェスト値を保持していたのですがDNG Converter 6.7以降で出力したDNG(DNG1.4仕様の場合)はこのタグがなくなっています。
 どうも 0xC7A7 なるタグが16byteのデータを持っているので何らかのダイジェスト値を意味していると推察していますが、DNG 1.4の仕様書がネット上では探し出せずで確認できていません。

 取り急ぎですが、上記対応としてRStacker 0.2.3 beta として以下を盛り込みました。
1.RawImageDigestタグが無くてもエラー終了とならないように修正
2.DNG Converter LauncherでDNG1.3で出力するように修正 (引数に-dng1.3を強制付加)

http://www.swetake.com/astro/RStacker/RStacker.html

 なおDNG1.4で出力したDNGもRStackerでおそらく処理はできますが、処理するツールによってはダイジェスト値の不整合警告が出ると思われます。



posted by 開発者 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。