2012年02月11日

RStacker 0.2.0 リリース

RStacker 0.2.0 をリリースしました。

http://www.swetake.com/astro/RStacker/RStacker.html

 今までは選択したファイルをすべてメモリに展開して処理していましたが、多量のファイルを処理する場合にSwapが発生して処理速度が極端に低下するという問題がありました。
 一定数以上のファイルをコンポジット処理する場合は、必要なファイルだけを逐次読み込みして処理するように変更しました。ただし中央値の計算はこの方法が困難なため、従来の一括読み込みの方法を採っています。

 これらの読み込み方式やマルチスレッドの実施要否を選択する際の閾値は現時点は固定値であったりCPU数といった単純なロジックで選択していますので、場合によってはファイル数の多少と処理時間の長短が逆転するケースがあるかもしれません。
 おいおいこのあたりは手をいれていきたいと思います。


posted by 開発者 at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | リリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。